私論・少年野球の指導用語
 

  少年野球の指導において、指導者がよく口にする“野球指導用語”のようなものがあります。

「両手でとれ」「腰を落とせ」などと何気なく使っている “野球指導用語”の意味を改めて考えて

 みると、不思議に思うことがいくつかあります。また、指導者によって理解度の違いがあった 

 り、言葉が足りないものもあるように思います。

  筆者が疑問を持った“野球指導用語”について、いくつか上げてみました。私的な意見ですが、

 是非皆さんも改めて考えてみてください。          (監修:BBスポーツ研究所)

 

次のページへshou_bei_bian1.html
shou_bei_bian1.html

↓クリックするとジャンプします

〈守備編1〉
  1:守備はかかとを上げて構えろ!
  2:内野守備は低く構えろ!
  3:腰を落とせ!
  4:ガッチリ止めろ!
  5:バウンドに合わせるな!
  6:両手でとれ!
  7:スナップスローはスナップをきかせろ!shou_bei_bian1.html
〈守備編2〉
  8:飛びこまんか!
  9:エラーするな!
10:ヤマをはるな!
11:体の正面でとれ!
12:体の正面でとれ! (パート2)
13:グラブは立てろ!shou_bei_bian2.html
〈投手編〉
  1:四球はいらん!  
  2:まん中に投げるな!tou_shou_bian.html
〈打撃編〉
  1:ボール球に手を出すな! 
  2:初球は待て!
  3:エンドランはゴロを打て!
  4:上からたたけ!
  5:遅い球はバッターボックスの前よりで打て!da_ji_bian.html
〈走塁編〉
  1:盗塁のスタートがおそい!  
  2:帰塁は手からすべれ!
  3:3塁走者は内野ゴロなら待て!
  4:打球判断はランナーコーチに従え!
  5:走り方についての考察zou_bian.html
〈あとがき〉atogaki.html
〈指導用語のむずかしさを考える〉muzukashisa.html